連続増配!!

ブログ立上げ当初は連続増配銘柄に注目していましたが、現在は拘りなく取り上げています。

リスクモンスター【3768】 IRメモ

与信管理サービス提供。eラーニングによる教育事業が成長のドライバー。中国事業も強化中。

 

www.renzokuzouhai.com

 

【2021年3月期 4Q】

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1965732/00.pdf

営業利益率:18.41% 前期末会社予想利益達成率:137.42%。

f:id:kabu-baystan98:20210517095031p:plain

教育関連事業とBPO事業が 大幅に伸長。

教育関連事業:1Qに集合型研修の代替えとして新入社員対象eラーニングの利用が大きく増加し、2Q以降はカスタマイズサービスが好調。

BPO事業:大型案件あり黒字転換

 

 

2022年3月期は業績は前年並みの会社予想。

f:id:kabu-baystan98:20210517212059p:plain

成長鈍化懸念からか株価は決算発表後大幅安。

以前より保守的な会社予想が目立つので、ホルダーとして期中の上方修正に期待したいところです。(2021年3月期は1.3%の増益予想のところ39.8%増益で着地)

 

 

配当は11期連続増配を予定。f:id:kabu-baystan98:20210517212636p:plain

配当性向30%を目標。配当性向や財務状態をみると増配余力十分ですが、業績&配当のダブル上方修正を期待します。

 

 

【2021年3月期 3Q】

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1930062/00.pdf

増収増益上方修正も、2Qと比べて利益幅は減少。

f:id:kabu-baystan98:20210209190058p:plain

 

上方修正し利益進捗は96%。控えめすぎませんかね。何か減損や赤字案件等のリスクを見込んでいるのでしょうか。

(上方修正後の2Q進捗率は74%)

f:id:kabu-baystan98:20210209190248p:plain

 

 

配当予想は21円⇒23円⇒28円と期中に2度目の上方修正。記念配当の2円込み。予想配当性向は26.0%。

f:id:kabu-baystan98:20210209193154p:plain

 

 

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1930175/00.pdf

また、株主優待の拡充もおこないました。優待クロス対策をされているのは非常に好感が持てます。

*株式は1⇒2株に分割後。600株以上は変更なし。

f:id:kabu-baystan98:20210209194153p:plain

 

 

 

【2021年3月期 2Q】

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1900518/00.pdf

売上の増減率が11.6%に対し営業利益は50.2%と大幅な上昇。

 

f:id:kabu-baystan98:20210119185505p:plain

 

2Q時点での利益進捗率は95%。上方修正はださないスタイルなのか、下期に何かあるのか。。。

f:id:kabu-baystan98:20210119185548p:plain

 

 

1Qの配当予想から記念配当の2円追加。

計23円配当予定ですので控えめな通期予想で配当性向12%。総還元性向60%を目指すとのことなので大幅増配や自社株買いが期待できます。

f:id:kabu-baystan98:20210119195415p:plain

 

 

主力の与信管理サービスは1Q前年並みも2Q順調。会員数は12.997。

利益率の高いASP・クラウドサービスは会員数が増加。緊急事態宣言機関は低調なものの6月には復調。

コンサルティングサービスは好調。反社チェックサービスも想定超。

赤字であったBPO事業が黒字化。

コロナの影響を受けe-ラーニングサービス順調。

中国法人の会員数は544。

 

 

 

 

【2021年3月期 1Q】

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1873551/00.pdf

増収増益の順調な滑り出し。

 

f:id:kabu-baystan98:20210119195146p:plain

会員数は13,409。

緊急事態宣言の4月は一時的にサービス減少も6月には回復。

前年赤字だったBPO業務は5千円の利益。コールセンターの業務など伸長。

教育事業はe-ラーニングが伸びる。

 

コロナウイルス感染症の影響については、下振れリスクが比較的低いと予想。

 

 

 

 

【2020年3月期 4Q】

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3768/tdnet/1828031/00.pdf

増収増益。

f:id:kabu-baystan98:20210119210855p:plain

 

 

 控えめな来季予想も、コロナがあっても増収増益予想。

f:id:kabu-baystan98:20210119211233p:plain

 

【事業等のリスク】

①仕入れ先依存度について

売上の61.3%が企業データベース。仕入れ先の76.2%が東京商工リサーチ。同社とは業務資本提携及び、筆頭株主として良好な関係を構築している。

②顧客上方流失について

③システム障害について

 

 

ランク付けした企業リストはこちら

www.renzokuzouhai.com