連続増配!!

ブログ立上げ当初は連続増配銘柄に注目していましたが、現在はメモ帳替わり。

日本製鉄【3768】 IRメモ

粗鋼生産量国内首位の鉄鋼メーカー。世界ではアルセロール・ミッタル、中国宝武鋼鉄集団に次ぐ3位。  

www.renzokuzouhai.com

 

 

 

 

【2021年3月期 3Q】

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20210205_400.pdf

赤字額大幅縮小。1株当たりの赤字は-207円から-134円に。

f:id:kabu-baystan98:20210206163326p:plain

 

 

併せて上方修正。通期予想を一株当たり-130円に。修正理由は鋼材価格の改善。

ただ3Qで-134円なので保守的に見えます。合理的な予想だとしたら先行き不安です。

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20210205_300.pdf

f:id:kabu-baystan98:20210206164315p:plain

 

通期赤字であるものの10円の復配。2年前の19.3月期には80円配であったことを考えると寂しいですね。

f:id:kabu-baystan98:20210206170327p:plain

 

 

 

 

【2021年3月期 2Q】

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20201106_300.pdf

f:id:kabu-baystan98:20210131202503p:plain

事業利益は1Q予想の1500億円赤字予想から1065億円に上振れ。通期予想も1200億の赤字から600億と赤字幅縮小の予想。

下期で465億の黒字を見込む。

 

f:id:kabu-baystan98:20210131202631p:plain

 

減価償却費を定率法から定額法へと基準の変更をおこなっており、事業利益・営業利益・税引き前利益が228億押し上げられている会計上のお化粧もおこなわれております。

 

減産措置の解除で粗鋼生産量は1,464万t(上期)から1,810万t(下期)まで回復想定。

 

 

 

 

【2021年3月期 1Q】

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20200804_300.pdf

赤字スタート。

 

f:id:kabu-baystan98:20210131200747p:plain

 

2Qは赤字拡大との会社予想。上期をボトムに下記は製造業を中心に回復する見込み(だたしコロナ前に対しては低位)

下記は事業利益300億低度の黒字化の見通し。

 

f:id:kabu-baystan98:20210131201259p:plain



 

 

 

 

【2020年3月期 4Q】

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20200508_300.pdf

減収、赤字転落。

f:id:kabu-baystan98:20210131200101p:plain

f:id:kabu-baystan98:20210131200216p:plain

IFRSの理解が浅いですが、事業利益が日本基準でいう営業利益?

3,000億近い減損がIFRSの営業利益に含まれているという理解でよいでしょうか。いずれにせよ大赤字。

 

来季の業績・配当予想はともに無し。基本方針は配当性向30%程度。

f:id:kabu-baystan98:20210131200658p:plain

 

「原料市況高・鋼材市況安」と例をみない厳しい経営環境。

国内で生産の休止・集約化を図るとともに、今後需要が見込めるインドに投資。

水素ステーション向けステンレス等の素材開発。

 

 

 

ランク付けした企業リストはこちら

www.renzokuzouhai.com