連続増配!!

連続増配企業を取り上げています。まずは日本株から。高配当・利回り高いと嬉しいな。インデックス投資もやってます。

三浦工業【6005】連続増配企業

産業用小型貫流ボイラー国内首位でシェア5割超。環境・省エネ技術が強味。メンテナンスで稼ぐビジネスモデルで高利益率。M&Aでランドリー機器参入。

 

熱交換に関する環境技術は日本企業の強みだと思いますので、こういった企業に投資するのが堅いかなと考えてます。

 

 

 

 

  

配当政策(7期連続増配、配当性向30%)

配当性向はきっちり30%前後。順調な利益成長により連続増配。

7期増配が続いていますが、減益した場合にどうするかは、その時になってみないとわかりません。来季は4.2%の増益予想。

 

f:id:kabu-baystan98:20191205142014p:plain




 

 

 

主要株主(金融機関)

三浦姓は役員におらず、創業家の保有も少ないので残念ながら同族経営はしていないようです。愛媛県の企業ということで伊予銀行・愛媛銀行が大株主。

f:id:kabu-baystan98:20191205143717p:plain



 

 
 

 

業績(11.2%増収、18.5%増益)

右肩あがりで売上・利益成長中。高い利益率が魅力的です。

f:id:kabu-baystan98:20191205145243p:plain

f:id:kabu-baystan98:20191205145359p:plain





 

 

セグメントは5つ。国内メンテナンス事業の利益率が目立ちます。

国内外のメンテナンス事業で同社の利益の半分を稼いでます。IRをみると今後もメンテナンス事業、特に海外での強化を推進していく方針のようです。

f:id:kabu-baystan98:20191205150213p:plain

 

 

 

海外売上比率は18%程度。世界各国で展開していますが、特に中国市場を重要としており、会社説明資料でも中国について大きく取り上げています。短期的には中国経済の不調に業績を引っ張られる見込みですが、中長期的には効率のいい同社のボイラー需要が拡大するとみています。



 

指標

財務は堅く見えます。

IFRS採用のためか、有利子負債は算出できず。金融費用という項目が2019.3月度実績で3,900万円とさほどおおくないので問題ないでしょう。

PER,PBRは成長期待からか高い数値となっています。また、最近の株高からか信用売りは売りの勢いが強いですね。

f:id:kabu-baystan98:20191205152106p:plain



 

  

 

ポジトーク(ノーポジ・Bランク)

優待は100株を1年以上保有した場合に貰える2,000円で計算しました。

その他軟水浄水器の優待券や今治タオル等。

f:id:kabu-baystan98:20191205152826p:plain

利回りは優待含めても物足りないですが、今後も成長が期待できる大型株を保有しておきたい気持ちもありBランクにしました。

 

ただし利回りは3%は欲しいと考えてます。利益成長&増配を続けて将来的に3%の利回りが期待できそうであれば購入検討します。

 

ランク付けした銘柄は以下リンクから

www.renzokuzouhai.com